旦那自慢の次は子供自慢・・そしてブランド自慢のエンドレス

楽しみにしていた同窓会だっていうのに、本当の参加者の自慢話が多くて困るね。

男子はまだいいものの、女子同士の自慢たら半端ない。今回の自慢のオンパレードは、まずは旦那の出身大学からの自慢から始まり、現在の職場の自慢。海外出張が多いから、ついつい余計なお土産を頼んでしまい、お金がかかるわ~!それ、単に自慢したいだけっしょ。

次に子供の自慢。お受験ってさ~、親と子供の頑張りがあってのものだから、親子の絆は強くなるよね~。

○○中学に制服は神・・そんな話を横目に、制服に神なんてあるかい!と、心の中で突っ込む。

終いには持ってきた鞄の自慢や履いてくる靴の自慢まで始まり、もうこの同窓会は名前を変えて、「自慢会」にするべきだよね。

学生の時はちょっとヤンキーな男女がもてたり、クラスのムードメイカーだったけど、時代は流れて、当時のがり勉君、良い子さんが今じゃ逆転天下だな。

何かだ、ぱっとしない同窓会だったけど、みんなの自慢を冷静に聞いていて、冷静でいる自分がやけに大人に感じたな。

資料サイト 同窓会格差と行かない・行きたくない心理について。我々は同窓会とどう向き合うのがベストなのか?